造園業の道具 14 コアドリル

今までは借りていたので、まだ全然使ってないんですがコアドリルです。

ハンマードリルにもコアドリルは有るんですが、打撃を加えながらなのでブロック積みのようなものにギリギリのサイズで穴をあけるとブロックが割れてしまう事もあります。

一般的なドリルではなく、中空の円柱状のパイプのようなダイアモンドドリルで振動を与えることなく、より精度を高く穴をあけることが出来ます。

湿式の注水しながらでは粉塵が舞わないのがメリットですが、洗えない場所では汚れた水が気になるデメリットもあります。

逆に乾式では室内など水が使えない場所でも汚しにくいですが、集塵機が必要だったり刃の消耗が早かったり、どちらにしてもメリットデメリットがあります。

 

写真の商品は、いろいろオプションが有るんですが、階段の袖壁のように斜めの所でも角度を変えられて、垂直に穴あけできるスタンドのものです。

既存ブロックや擁壁を利用して、フェンス工事をするときには必要となる機械です。

 

本体の給水の接続が1/4カプラーで散水ホースと接続するにはあまり適していない形状です。

ホースバンドで固定するのは不可では無いですが、スマートさに欠けるので、

ジョプラックス(内径8mm/外形12mm対応)という1/4カプラーと、タカギのスリムホースジョイント(内径7.5-9mm/外径13.5mm対応)、シリコンホース(内径8mm/外径12mm)を使って散水ホースとワンタッチで接続できるようにしています。

ジョプラックスは、接続していないときは止水栓が機能するので、蛇口を開けたり締めたりと言う煩わしさも解消できます。

造園、剪定、庭リフォームのことなら樹造園

【TEL】080-5137-8719
【所在地】愛知県知多郡東浦町大字緒川字西釜池12-14
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】知多郡を中心に愛知県全域


一覧ページに戻る