知多郡東浦町 藤江の庭 6 植栽

園路も花壇も出来て、最後に残った植栽です。

 

今回は樹木の植栽は移植のみでしたので、低木や宿根草などです。

 

樹造園の何が出来ないかって、この草花類がプロとしては弱いのです。

ということで、専門の人にお願いしました。丸投げです。

花壇や植える場所の土壌改良などまではやりました。

そして最後のマルチングも。

あと芝も張りました。

 

これにて作業は完成です。

日記のタイトルには出てきませんでしたが、庭園灯の電気工事を追加で行いました。

ところどころで黒いポールが9本立っています。

電源の取り出し口が建物の裏にしかなく、また各所に配線した結果、

延長100mほどとなってしまいました。

今庭園灯で提案の上がる事のある定電圧のライトですが、電線が長くなると電圧降下が起き使えないという欠点があります。

以前低電圧のメリットってあるのか?というブログを書きましたが、庭が広い場合にも結局は各所に100Vで基点を作り、

そこからトランスで分岐させるため、何台もトランスが必要となります。

ライト自体の電球はLEDで消費電力も低いのですが、距離がネックになってしまうんですね。

 

 

一部ですが、作業前後の写真も載せておきます。

 

作業前1
作業後1
作業前2
作業後2
作業前3
作業後3

 

草の処理から始まって、いろいろありましたが、園路を作り出すころからお客さんが庭に出てくるようになり、

デッキが出来、子供が遊びに来て、

花壇が出来植栽が始まるころには、お客さんを呼んで、

お客さんが自身で植物を買ってきて植えたりと、楽しめる庭になったことが良かったです。

造園、剪定、庭リフォームのことなら樹造園

【TEL】080-5137-8719
【所在地】愛知県知多郡東浦町大字緒川字西釜池12-14
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】知多郡を中心に愛知県全域


一覧ページに戻る