造園業の道具 12 デプスゲージ

タイトルのとおりデプスゲージです。

これはスチールの商品ですが、マキタの18VバッテリーチェーンソーのM11ソーチェインのために購入したものです。

M11というソーチェインは、25APよりもさらに刃が小さく、幅も薄く軽いので電動のようなパワーの無い機械には最適です。

マキタのチェーンソーがこの刃を採用していて、説明書にも刃をちゃんと研げ、デプスを調整せよと書いてある。

しかしマキタはソーチェインだけでなく、3.2mmのヤスリも、デプスゲージも作ってない。

 

しかし最大手のスチールにはこのM11にあう1/4インチのデプスゲージが存在する。

エンジンカッターを整備に出したついでに手に入れたものである。

 

デプスゲージと言うものは、チェーンソーを使う人でも知らない人がいて驚くことがあるのだけど、

ソーチェインの構造は文章のみで書いてもよくわからないから、どこかで調べてもらうとして、刃とデプスとが鉋の刃と台の関係にあり、

研いでいくと刃が台から出ていない状態になってしまう。そんな時にゲージで刃の出を確認して調整するための治具である。

いくら刃を研いでも切れないときは、デプスを疑ってみると解決することがあるので、

刃を2~3回研いだら確認してみると良い。

造園、剪定、庭リフォームのことなら樹造園

【TEL】080-5137-8719
【所在地】愛知県知多郡東浦町大字緒川字西釜池12-14
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】知多郡を中心に愛知県全域


一覧ページに戻る