知多郡東浦町 藤江の庭 5 コッツウォルズストーン 石積み花壇

園路でもチラ見してましたが、石積みの花壇です。

今回は洋風の庭という事で、コッツウォルズストーンを積んでいます。

暗渠排水はこの花壇の位置も考えて、その下を通るように作っていたんでした。

嵩上げしてるとは言え、排水が悪いのは良くないですからね。

ただ、モルタルなど使わない乾式なので石の面からも排水出来ますので、花壇としては優秀だと思います。

 

これが植物の事を知らない外構屋ですと、

底分の内側に基礎を作ってモルタルで壁を固定して、モルタルのついた道具を洗った汚れた水を花壇のところに捨ててなんて具合です。

当然暗渠も無いですし、狭い花壇だと底面が全面基礎でこれ花壇じゃなくてプールでしょ?なんてこともありますからね。

 

砕石を敷き均し基礎となる部分を作って行きます。

ここでも、通常はRC(リサイクルコンクリート砕石)を使いますが天然石の砕石です。

値段は数倍しますが、花壇にコンクリートのアルカリが出るの嫌ですからね。

図面では味気なかったラインを、現場に合わせて艶やかな曲線に変えていきます。

中間にもしっかりと大きめの石を積んで強度を出していきます。

モルタルを使わないので雨でも作業できるのがありがたいです。

 

天端を揃えて一応の完成です。この写真の量でおよそ1.5t仕入れて、少し残ったくらいです。

途中足りないんじゃないかと、仕入れ先に在庫の確認をしたらもう無いと言われヒヤヒヤでした。

 

造園、剪定、庭リフォームのことなら樹造園

【TEL】080-5137-8719
【所在地】愛知県知多郡東浦町大字緒川字西釜池12-14
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】知多郡を中心に愛知県全域


一覧ページに戻る